物件の種類を知る|マンション管理会社は不動産物件運用の助けとなってくれる

マンション管理会社は不動産物件運用の助けとなってくれる

物件の種類を知る

インテリア

今大阪では投資マンションを経営している若者が多くなっています。若者は将来について不安になっており、老後のことを考えて私的年金を今から蓄えているのです。そういった投資マンションを成功させるためにも新築がいいのか、中古がいいのか知っておくといいでしょう。

大阪は年々、人口も増えており、賃貸物件も新しくどんどん建っています。それらの新築物件を購入するときには、高い金額になりますが、自己資金は少なくて済みます。その理由として新築物件になると銀行融資が受けやすいという特徴があります。これは、新築ということで資産価値が高いという判断ができ、安心して融資を行なえると銀行側が判断してくれるからです。また新築になると人気の物件になるので空室リスクも少ないです。入居者募集をかけることですぐに満室になる可能性が高いことで利回りが魅力的というメリットもあります。
では、反対に中古のメリットとは何かというと、新築よりも広い作りになっているという点です。大阪のような都会の場合、どんどん建築物が建設されているので、住居に使える敷地は少なくなっているのが現状です。しかし、中古だと広い敷地に建設されているので、店子もそれを魅力に感じて古い物件を借りたいという人が多いのです。最大の魅力としては、中古物件の方が安いという点です。不動産投資初心者ならこれはとても魅力的な点といえるでしょう。